goethe1305

『GOETHE』2013.05

category:
メディア掲載

業界期待の若手シェフが新たなビストロを創造

 

「レストランで美味しいのは当たり前。自分が始めるのなら、楽しくて使い勝手のいい店にしたかったんです」

 

開口一番、ハツラツとした笑顔でこう語るのは、常にポジティブな掛川哲司シェフ。ビストロの気軽さを持ちつつも、料理のクオリティーは、あくまでもレストランの矜持をを保つ・・・・・が、掛川シェフの意図するところ。

 

 

木材をふんだんに用いた店内は、フランスの片田舎に佇む民家を思わせるアットホームな雰囲気。時の流れを忘れさせてくれそうなどこかのんびりとした空気が流れている。料理も同様、今時の最先端のフレンチではなく、古典をベースに独自のオリジナリティを加味した料理が持ち味だ。…